3の倍数月2日発売の季刊音楽誌『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

KORG開発Live Extremeでdip in the poolがライブ!

KORGが開発した最高音質のインターネット動画配信システムが“Live Extreme”。最大4Kの高解像度映像とともに、ロスレス・オーディオやハイレゾ・オーディオ (最大 PCM 384kHz/24bitおよび DSD 5.6MHz) でのライブ配信を可能とした。7月には明治座での氷川きよしのコンサートを配信するなど、クラシック、ジャズ、ロック…ジャンル問わず様々なライブ配信を行なっている世界初の画期的なシステムである。この“Live Extreme”のシステムを用いて、甲田益也子 (vo) と木村達司 (key) によるデュオ dip in the poolが「Immersive voices – dip in the pool 2022 live」と称したライブを行なう。女優としても活躍する甲田益也子の繊細なヴォーカルをフィーチャー、木村達司の作曲、アレンジ、多彩なミュージシャンを起用してのサウンドで常に先駆的な楽曲を輩出してきたのがdip in the poolだ。

2022年に入りA Mountain Of Oneとのコラボシングル「Soft Landing」を7inchアナログシングルでリリース。昨年は1997年のアルバム『Wonder 8』をアップデートした『8 red noW』をリリースしたほか、その中で新曲とともに披露されたMr.フィンガーズ(Larry Heard)のカヴァー「What About This Love」を配信シングルでリリース。さらにはそのリミックスもリリースされるなど、近年リリース、ライブとともに精力化している。9月11日(日)に渋谷WWWで開催される“Immersive voices”と題して行なわれる今回のライブは、ドラムにダニエル・バエデール(ブラジル)、コントラバスにパール・アレキサンダー(アメリカ)、ビブラフォンに山田あずさ(日本)を迎えた多国籍バンド編成で、dip in the poolが得意とするエレクトリックなサウンドと室内楽的なアコースティックサウンドを融合。クールでエレガントな音世界が堪能できるはずだ。なおリアルライブとともに、Live Extremeによる高音質ライブ配信がされる。アーカイヴは10月10日(月)23:59までと長めなのも嬉しい。

Immersive voices – dip in the pool 2022 live
2022年9月11(日)渋谷 WWW
Open(DJ time)17:00 / Start(Live time)18:00

<有観客ライブ情報>
前売入場チケット 6,000 円(税込) *ドリンク別
当日入場チケット 6,500 円(税込) *ドリンク別
※有観客ライブのチケットともに、Live Extremeで当日、ハイレゾ(96kHz)でのリアルタイム配信及びハイレゾ(96kHz)+サラウンド音声(5.1ch)のアーカイブ配信が行なわれるほか、渋谷WWW入場チケットおよび、入場チケットと配信チケットのお得なセットも販売中。
<配信情報>
リアルタイム配信:2022年9月11(日)17:00~
アーカイブ期間:2022年9月12日(月)~ 10月10日(月)23:59まで
販売期間:2022年7月7日(木)~ 10月10日(月)22:00
前売入場チケット+オンライン視聴シリアルキー = 8,000 円(税込) *ドリンク別
当日入場チケット+オンライン視聴シリアルキー = 8,500 円(税込) *ドリンク別
配信チケット / オンライン視聴シリアルキー:3,000 円(税込)
https://econtent.jp/store/dipinthepool
文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業
主催:dip in the pool 協賛:株式会社コルグ 制作:株式会社 ROCK MADE

 

タイトルとURLをコピーしました