毎月2日発売月刊『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

広告出稿・取材申し込みについて

Playerへの広告出稿・取材申し込みについて

Player 広告料金及び記事製作費について

今後、音楽雑誌Playerは誌面と
本ウェブサイト(=Player On-Line)を
連動する企画を積極的に行なっていきます。

楽器関連の記事は基本的に誌面と連動する形態での料金設定になります。

具体的な内容、ご要望などについては下記をの料金表、
媒体資料を参考の上、お気軽にお問い合わせください。

 

音楽雑誌Playerの雑誌広告料金表についてはこちらから

Player_Price_20-21
(※画像をタップすると拡大します)

 

音楽雑誌Playerの媒体資料についてはこちらから

Player_Profile_20-21
(※画像をタップすると拡大します)

 

Player Webサイトにおける取材協力費のご案内

主に大手事務所、レコード会社には所属していない
インディ・ミュージシャンなどを対象とした記事制作のご案内です。

Player社内スタッフによる撮影、インタビュー取材などにより、
いくつかのチャプターに分けた記事を本ウェブサイトに掲載してまいります。

150,000円〜を想定しておりますが、
予算的な部分などは具体的な取材の仕方によって
ご要望にお応えできるかと思います。

お考えの予算面も含めてお気軽にお問い合わせください。

 

取材例

(1)弊社スタジオにて背景布などを用いて、
楽器を手にしたアーティスト写真を撮影、
もしくはライヴハウス、リハスタなどで演奏シーンの撮影
(撮影した写真は全てお渡ししますので、通常のアーティスト写真、
さらに他媒体の記事への提供写真などご自由にご活用いただき問題ありません。)

(2)お持ちいただいた楽器の撮影。

(3)リリースする作品、もしくはプロフィール、
ヒストリー的な部分に焦点をあてたロングインタビュー。
(4,000字〜程度を想定)
※外部カメラマン、ライターをご要望の場合はプラスそのギャランティが必要となります。

 

編集、デザインなどについて

Playerではミュージシャン、楽器メーカー、
もしくはジャンル問わず編集及びデザインのお仕事を承ります。
お考えの予算面も含めてお気軽にお問い合わせください。

制作例1

SKYSONIC WL-800JP

制作例2

Usagi no mimi 楽器の音が見えるオーディオ

 

その他、取材協力について

Playerには創刊52年以上にわたる膨大な
バックナンバー及び楽器カタログコレクション、
または独自のノウハウ、コネクションを持っていることにより、
音楽ソフトや楽器の制作、復刻などにもご協力できることも多々あります。
お考えの予算面も含めてお気軽にお問い合わせください。
また、専門誌としてのコメントなどをお求めの場合も
お気軽にオファーをお待ちしております。

Player On-Lineへの情報提供について

楽器に関する各種プレスリリース、音楽情報やライヴ情報など、
情報提供をお考えの方はお気軽に下記までご連絡ください。

 

お問い合わせ先 Player編集部 岡本愛里
電話 03-3363-6955
ファックス 03-3361-2132
E-Mail info@player.co.jp ↗︎
営業時間 10:00 – 18:00 (祝祭日、第一、最終土曜、年末年始は休業)

 

 

タイトルとURLをコピーしました