3の倍数月2日発売の季刊音楽誌『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

新生MAGNATONEより小型サイズのSTARLITE登場

1930年代後半よりスティールギターの製造及びアンプメーカーとしてスタート、ニール・ヤングらに愛されたMAGNATONEアンプ。70年代に姿を消したが、ちょっぴりレトロフィーリングなオリジナルデザインを踏襲して2013年に復活。厳選されたこだわりのパーツ類によりハンドメイドされた新生MAGNATONEは、ジェフ・ベックらが使用していることでも著名だ。

このたび新登場したSTARLITEは何より小型サイズながらパワフルトーンを生み出すところが魅力。ルックス的には22W出力、12”スピーカーを搭載、Accutronics社製ロングスプリング・リバーブユニットを装備したTWILIGHTER、同じく15W出力でやはり12”スピーカー仕様のVARSITY REVERB-Brownといった上位機種を継承。単純に見た目的には二回りくらいコンパクトなイメージで約43.2cm(幅)×約30.5cm(高さ)×約20.3cm(奥行)。STARLITEはMAGNATONEカスタム 8″セラミックマグネットを一発搭載、5W出力のクラスAアンプ。

コントロールパネルは背面にコンパクトにまとめられており、2インプットのほかにノブはボリュームとトーンのみ。なおトーン・ノブは、12時の位置を中心に左に回すと中音域をカット、右に回すとブーストする設定になっている。その右のFEEDBACKスイッチは、ONにするとハイゲインなドライブトーンが得られる仕組みだ。このほかREMOTE SPEAKERジャックも装備しており、8Ωの外部スピーカーに接続が可能。プリ管に12AX7×1、パワー管に6V6×1を搭載しており、クリーミーなクリーン/クランチトーンから、ドライブトーンまでクリエイトできる。ホームレコーディングなどでも重宝されるだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました