毎月2日発売月刊『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

Line 6 HX Stomp XL / フラッグシップモデルのサウンドをコンパクトな筐体に凝縮

Line 6より、フラッグシップモデル「Helix」のサウンドをコンパクトな筐体に凝縮したプロフェッショナルグレードのアンプ/エフェクト・プロセッサーにフットスイッチ8基モデル「HX Stomp XL」が2021年3月下旬より発売される。

<以下、メーカーリリースより抜粋>
「HX Stomp」は非常にコンパクトながら、フラッグシップモデル「Helix」と同じアンプ、キャビネット、エフェクトのサウンドを得ることができる、プロフェッショナルグレードのアンプ/エフェクト・プロセッサーです。一般的なアンプとペダルによるセットアップや、ライブやスタジオでの PA 機器へのダイレクト出力など、さまざまな環境や目的にシームレスに取り入れることが可能です。「Helix」に採用されている SHARC DSP チップと HX モデリング技術はそのままに、300 種類以上のアンプ、キャビネット、エフェクト、ルーパーに加え、Line 6 の「M シリーズ」および「DL4」をはじめとするストンプボックス・モデラーに含まれる人気の高いエフェクトを搭載しています。
このたび発売する『HX Stomp XL』は、コンパクトなサイズでありながらフットスイッチ 8 基を搭載したアンプ/エフェクト・プロセッサーの新製品です。コントロール性をさらに高めたことでリアルタイムでのパフォーマンス性が向上し、ギタリスト、ベーシストへのベストソリューションとして、ステージ、スタジオでの ライブ用ギア、レコーディングなど、幅広い用途に対応します。

価格はオープンプライス。

製品仕様の詳細はこちらまで→https://line6.jp/hx-stomp-xl/

オプション品として、HX Stomp XLの持ち運びにも最適な「HX Messenger Bag」(オープンプライス)も発売される。

問い合わせ先:Line 6 インフォメーションセンター Tel.0570−062−808 http://line6.jp/support/

タイトルとURLをコピーしました