3の倍数月2日発売の季刊音楽誌『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

YAMAHA サイレントベースよりハイエンドモデル新登場

 ヤマハ サイレントベース に ハイエンドモデル が追加!

YAMAHASLB300PRO|税込550,000円

旧モデルが大幅にグレードアップ!

2000年のデビュー以来、
プロアマ問わず多数の弦楽器奏者により
オンステージでも愛用されてきているのが、
ヤマハサイレントシリーズ

演奏性のみならず
コンパクトに収納できる設計も魅力であり、
ナイロン弦ギターモデルや
スティール弦ギターモデル、ヴァイオリン、
ヴィオラなど様々な楽器がラインナップされてきた。

その中でもサイレントベース
エレクトリック・アップライトベースとして
ベーシストに広く受け入れられたモデルである。

今回登場したSLB300PROは、
2020年発売のSLB300を大幅にグレードアップ。

サイレントベース・シリーズの現時点における
最高峰モデルとなる。

アコースティック楽器の
共鳴胴による響きをリアルに再現する
SRTStudio Response Technology
パワードシステム、そして弦振動を伝達するブリッジに
Acoustic Resonance Enhancement (A.R.E.)を採用、
高品位なマイクでコントラバス
スタジオ録音したかのようなサウンドを実現している。

ネックにトラ杢柄の上質なカーリーメイプルを使用、
指板にも希少な黒檀材を採用、
立ち上がりの早いサウンドが特徴となっているようだ。

 

多彩なサウンドメイキングを可能とするプリアンプ部

プリアンプ部にはボティの共鳴音をシミュレートした
3「Rich(リッチ)」「Simple(シンプル)」「Warm(ウォーム)」の3モード、
バス、トレブルのEQ、ピックアップ・サウンドと
シミュレートしたマイク信号とをミックスできたりと、多彩な音作りを可能としている。

勿論、サイレントベースならではのコンパクトなデザインも魅力であり、
ボディに木材を使用しながらも約7kgというウェイト。

付属のケースに収納することで運搬も実に楽。

ご覧の通り、洗練されたルックスもクールで、
ヤマハのサイレントシリーズの経験値とアイデアが投入されたがゆえの
今の時代ならではのアップライトベースだ。

サイレントベース™『SLB300PRO』 – ヤマハ公式サイト

ヤマハ サイレントベース™『SLB300PRO』
ニュースリリース - ヤマハ株式会社
タイトルとURLをコピーしました