3の倍数月2日発売の季刊音楽誌『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

Sadowskyよりベースアンプ用プリアンプ登場

SBP 1 Bass Preamp / DI  ¥24,200(税込)

元はフィラデルフィアでリペアマンとして名を広げたロジャー・サドウスキー。彼が立ち上げたサドウスキーは1980年代より高品質な楽器製作が話題を呼びスタジオミュージシャン御用達のブランドとなった。近年はドイツ/アジアでの生産体制を確立、ワーウィック工場でサドウスキー・ベースの製作を開始したことでも注目を浴びている。このたびSadowskyブランドより、プリアンプペダルシリーズ “SAC PED SBP 1 V2” (写真上)、“SAC PED SBP 2 V2” (写真下)が登場。2月3日(木)から発売開始となる。Sadowskyベースに内蔵されてきたプリアンプ回路をペダル・エフェクト化したものだ。

SBP 2 Bass Preamp  ¥16,500(税込)

SBP 1 Bass Preamp / DI、さらにコンパクトにまとめたSBP 2 Bass Preampはそれぞれコントロール部にVolume/Treble/Bassをシンプルに装備するとともに(TrebleとBassはブーストとしてのみ機能)、いずれも-Bass+18dBブースト(40Hz Boost Only) -Treble+18dBブースト(4kHz Boost Only)-バイパスフットスイッチ(On/Off)を搭載。 SBP 1 Bass Preamp / DIに関してはモデル名にもある通り、DI機能とともにミュートフットスイッチも装備。9Vバッテリー、もしくは9V DCアダプター(極性 (-)センター)で駆動する。

もともと定評のあるプリアンプ回路だったが、ベース本体の内部回路に手をつけたくないヴィンテージベースやカスタムベースのプレイヤーで、サドウスキーのプリアンプを通してみたかったというベーシストには絶好のエフェクターだ。

 

タイトルとURLをコピーしました