3の倍数月2日発売の季刊音楽誌『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

小次郎feat.惺光玖拾玖が有観客と共に配信ライブ!

TKことex. 青龍武蔵 (ag)、志歩 (Fretless Bass)、真一(ds)、誠 (g) が、リードギタリストに惺光玖拾玖(さとみつくも)をフィーチャーする形で、トリプルギター編成のインストゥルメンタルバンドとしての境地を歩み出したのが小次郎 feat. 惺光玖拾玖である。元々、母体となるバンドの小次郎はポストロックやプログレ、エキゾチックなロックの魅力を持っていたが、遂に完成したアルバム『破滅の劫火』では、プロデューサーにHoppy神山を迎えたことでニューウェーヴ、インダストリアル、ポストパンク、現代音楽のテイストも台頭、極めてユニークなギターロックが具現化している。さらにこのレコーディングは、近藤祥昭氏をエンジニアに迎え、現在では世界的にも数少ないアナログレコーディングの名スタジオ”GOK SOUND STUDIO” にて行なわれた。

TK (ex.青龍武蔵)によるグルーヴィかつパワフルなアコースティックギター、誠のドライヴィンかつエフェクティヴなエレクトリックギターによるリフワーク、変拍子を多用した真一のタイトなドラミング、底辺を唸らす志歩のフレットレスベースを基盤に、アーミングを駆使し、エモーショナルなタッチ感でとにかく歌いまくる惺光玖拾玖(サトミツクモ)によるリードギターが圧巻。Hoppy神山による鍵盤楽器、さらには生のストリングスカルテットやトランペット、コーラスのオーバーダビングも行われるなど全8曲、アルバム『破滅の劫火』は見事なまでの完成度で仕上がった。

『破滅の劫火』の全国CDリリースは11月27日に決定。その前に遂に9月24日(土)、表参道GROUNDにてプロデューサーのHoppy神山を迎えて先行レコ発イベントを開催する。限定数の有観客ライブに加えて配信も行われるが、配信チケットはなんと500円!! 世界に放たれるトリプルギターサウンドをぜひ体感していただきたい。

Independent Music Union Japan主催ライブイベント
『Next up!』Vol.01 2022 Autumn
〜 小次郎 feat. 惺光玖拾玖 CD先行発売ライヴイベント 〜2022/9/24(土)開場 16:15 / 開演 17:00 表参道GROUND
出演者:
小次郎 feat. 惺光玖拾玖
futatsuboshi note
服部ヒロx門脇寛樹
Kurippertronixxx
作曲者と歌唱者

MC:SAKURAI

チケット:
当日券 (全自由) 5,000円 (税込)
オンライン配信 500円 (税込)(別途券売手数料220円)

主催:Independent Music Union Japan
企画・制作:合同会社バディット
制作協力:Sony Music Artists Inc.
後援:合同会社バディット / 株式会社プレイヤー・コーポレーション
助成:文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業お問い合わせ:ディスクガレージ
050-5533-0888 (平日12:00~15:00)

なお、Player2022年Autumn号では、TKとHoppy神山、近藤祥昭によるスペシャル対談のほか、レコーディングを終えた小次郎 feat. 惺光玖拾玖 の面々にもインタビュー取材。相当濃厚な記事に仕上がったのでぜひ読んでいただきたい。

Player 2022年 季刊Autumn号 表紙:エリック・クラプトン | Player On-Line Shop powered by BASE
■COVER STORY ERIC CLAPTON Special 『Nothing But The Blues』徹底特集 ①『ナッシング・バット・ザ・ブルース』ツアーの全貌② エリック・クラプトン・インタビュー③ クリス・ステイントン&デイヴ・ブロンズ・インタビュー④ クラプトン・ツアー機材レポート&インタビュー⑤ ...
タイトルとURLをコピーしました