毎月2日発売月刊『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

PRS GUITARS 35th Anniversary Models Review PRSの進化を象徴するスペシャル・モデル達

PRSではこれまでも節目の年ごとにアニヴァーサリー・モデルを発表してきた。今回の35周年では同社の原点であるカスタム24をベースとしたスペシャル・モデルが各ラインから登場した。ここではCORE、S2、SEのアニヴァーサリー・モデルを紹介しよう。

 

PRSの革新性を象徴するスペシャル・モデル
CORE 35th Anniversary Custom 24
価格=560,000円(税抜)
(※写真は10TOPオプションのため、650,000円税抜)

PRSの創立35周年を記念したカスタム24が登場した。カスタム24は同社が設立された1985年からずっとラインナップされてきた“PRSの顔”となるギターである。PRSの基本的な特徴となるローズウッド/マホガニー製のネック、深いセットネック・ジョイント、メイプル/マホガニーを重ねたレイヤード・ボディ、ボディ・トップに施された美しいカーブド処理といった仕様が現在のモデルにも受け継がれている。手作業を多く取り入れているPRSからはこれまでにいくつものリミテッド・モデルが製作されてきたが、今回の35周年記念モデルも特別なギターになっている。

ローズウッド製のベニア・プレートに入れられたイーグル・インレイは、PRS設立以前の個人製作家時代からポールが愛用してきたもので、一部の特別なギターにのみ使われてきたPRSのエンブレムとも言える。マホガニー製のネックは、初期のギターのグリップを一回りスリムにして機能性を向上させたスタンダードとシン・タイプが用意されている。厳選されたフレイム・メイプル/マホガニー材を使ったボディのフロント・フェイスには優雅で深い落差を持つPRSならではのカーヴド加工が施されている。

気品のある美しいグロス・フィニッシュもまたPRSの大きな魅力である。音響特性を優先させた薄く硬いニトロ皮膜を持つこのフィニッシュには、伝統的なバースト・カラーに加えてPRSによって広まったともいえるブルーやグリーンを使ったオリジナリティ豊かなバリエーションが用意されている。

シンプルでいて高品位な仕上がりを実現
S2 35th Anniversary Custom 24
価格=235,000円(税抜)

続いて35周年記念カスタム 24のS2バージョンを紹介しよう。S2シリーズは、上級のコア・シリーズと同じくメリーランド州スティーヴンスビルにあるPRSファクトリーに設置された2つ目の生産ラインである。ネックのマホガニー材を2ピース構造にし、手間のかかるボディ・トップのアーチ加工をベベルド加工に置き換えて、さらにハードウェアの一部を変更することでギターの価格を抑えたUSAモデルである。
S2モデルに採用されたボディ外周のベベルド加工はアーチトップよりもスッキリとした印象があり、新たなPRSファンを生み出している。ロック機能が盛り込まれたチューナーが組み込まれたヘッドストックには、ポールのサインをかたどったブラス製ロゴと35th アニヴァーサリーの文字が入れられたトラスロッド・カバーがセットされている。バーズ・インレイが入れられたネックは、パターン・レギュラー・グリップの24フレット/25インチ仕様。フラット仕様のメイプル/マホガニー製ボディには、PRS独自のカッタウェイが施されている。ピックアップはスタンダード・ボビンを使った85/15″S”ハムバッカーにコイル・タップ・スイッチを備えている。

上位モデルと遜色ないコストパフォーマンス・モデル
SE 35th Anniversary Custom 24
価格=156,000円(税抜)

PRSの技術が導入された専用海外ファクトリーで生産されるのがSEシリーズからは、ビギナーにも求めやすい魅力的な価格のギターが作られてきたが、今回はブラック・ゴールド・バースト、フェイデッド・ブルー・バーストという2種類の35周年記念モデルが発売された。
SEモデルの大きな特徴となるのが、ローズウッド/メイプル製のネック。ブルー・バーストのモデルには、明るいメイプル・ナチュラルで仕上げられたヘッドストック・フェイスにブラックのPRSロゴと35アニヴァーサリーの文字が刻まれたトラスロッド・カバーが取り付けられている。標準的な24フレット/25インチ・スケールに加えて、やや薄いワイド・シン・グリップに仕上げられている点も特徴となる。メイプル/マホガニー製のボディは、他の2モデルと共通したカッタウェイ付きPRSシェイプながら、トップ面の仕上げはSEオリジナル仕様で、フレイム・メイプル・ベニアが取り付けられたフロント・フェイスが緩やかなアーチ形状に仕上げられている。PRSデザインのモールド・トレモロ、ホットロッド・ヴィンテージとも呼べるTCI”S”ピックアップに、トグル・セレクター、コイル・タップ・スイッチがセットされている。

タイトルとURLをコピーしました