毎月2日発売月刊『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

Asher Guitars 代表モデル解説 Part.1 / ヴィンテージ・フィール漂う アッシャーのスタンダード・モデル

1982年にビル・アッシャーが創立したブティック・ギター・ブランド、アッシャー・ギターズはヴィンテージ・テイスト溢れるデザインの中に高い実用性を備え、それを高い精度で仕上げたギターは数多くのプロ・ギタリストを魅了している。同ブランドの代表的モデルより、まずはヴィンテージ・フィール溢れるT デラックスを紹介しよう。

T Deluxe 1PC ASH Madagascar Rose 2020 NAMM Show Model

ヴィンテージ TLの魅力的なトーンを一回りファットで力強い方向へとシフトさせたT デラックス。22フレット/指板エンドにトラスロッド・ナットを配したネックは、ファットな60’sスタイルのラウンド・グリップを薄いマット・ラッカーで仕上げている。TL ボディのフラットなシェイプをそのままオフセットさせたようなボディは、シンプルな合理性とFBにも似たフィール、そしてソリッド・ボディが持つアコースティックで芯のある響きを導き出している。

写真のギターは2020 NAMMショウ・モデルで、ビルによって選び出された節や木目のうねり部分を使った軽量なスワンプアッシュ・ボディと、貴重なマダガスカルローズウッド・フィンガーボードによって、このギターには唯一無比の個性が与えられている。

アルニコ・バー・マグネットを使用したピックアップはビルによってハンドワウンドされたもので、そのトーンはソリッドながらファットなキャラクターとなっている。シリーズ・ワイヤリングを加えた4ポジションのレバー・セレクターの他、印象的なチキンヘッド・ノブは厳選されたキャパシタによる6段階のバリトーン・スイッチ(パッシヴ・トーン・フィルター)が組み込まれており、心地良い6つのサウンドがスムースに切り替えられる。ヴィンテージ・タイプのブリッジは、ナッシュビルにある金属加工専門ブランドのアドヴァンスト・ミュージック・プロダクツ製となる。

問い合わせ:宮地楽器神田店
Tel.03-3255-2755
https://www.miyaji.co.jp/

※本記事は月刊 Player 2020年12月号特集『Asher Guitars〜アメリカン・ブティック・ギターの真髄』からの転載です。

タイトルとURLをコピーしました