毎月2日発売月刊『Player』のウェブサイト。最新号情報はもとより、誌面でできない音楽、楽器情報を発信していきます。

VOX VGH AC-30/ROCK/BASS Canaco & Ayano(fleufleu)試奏レポート

VOXのヘッドホン・アンプのニュー・モデル、VGHシリーズの試奏レポート Part.2は、気鋭のガールズバンドとして注目を集めるfleufleuのCanaco(vo,g)とAyano(b)にご登場いただいた。特にAyanoは前機種のamPhonesの愛用者ならではの視点から、このVGHの魅力を語ってくれた。

Ayano & Canaco(fleufleu)

まさに耳元にアンプが付いているような感じ / Canaco

ーふだん自宅ではどんな環境でギター/ベースの練習をしていますか?

Canaco

Canaco:私はPCでDAWソフトを使って、ヘッドホンを繋いで、インターフェースに楽器を繋いで、その間にエフェクターを通してみたいな(笑)。クリーンな音で音源にギターを重ねるにはこの方法しかなかったので。でもコレは全部がこの中に入っているから便利だなぁって思って、すごく活用できそうです。
Ayano:ベースってギターと比べて生音が聴き取りづらいので、本当に静かなところじゃないと生音で練習するのは難しいんです。なので、音のニュアンスを出したい時はミニアンプの音量をめちゃくちゃ小さくするか、PCに繋いでヘッドホンで練習するかですね。

ーAyanoさんは前機種のamPhonesを愛用していたそうですね?
Ayano:「こんなに素晴らしい商品があるんだ!?」って、開発した人を褒め称えたいです(笑)。それからもう手放せないですし、軽いし小さくて、普通のヘッドホンとして使えることもあって結構持ち歩いてました。ライヴ前とかに楽屋で練習してる時も周りの騒音に負けないぐらいのボリュームがちゃんと出るので、一人の世界に入って練習してます(笑)。

ーVGH-AC30のサウンドの印象は?

VOX VGH-AC30

Canaco:ちゃんとギターの音がしてるって感じかな(笑)。私の個人的な考えなんですけど、音源と重ねるんだったら、歪みはちゃんと歪んだ音で練習したいっていうのがあって。

ー先ほどから歪みの強いVGH-ROCKの方を夢中で弾いていましたね。

Canaco:家にミニアンプはあるんですけど、歪んだ音を部屋で出すとなるとご近所が気になるんです。でもVGHなら周りを気にせずそれが本当に簡単にできるし、せっかくエレキ・ギターを練習するんだったら歪んだ音を思いっきり出したいので、弾いていて楽しかったです。

VOX VGH-ROCK

ーピッキングの強弱やギター/ベースのボリューム変化に対する音の反応はいかがでしたか?
Canaco:まさに耳元にアンプが付いているような感じで、コントロール・ノブがアンプと同じような感覚で使えるのですごく自然で、ヘッドホンで音を作っているような感じではないなって。こういう機材を初めて使ったってこともあって、すごく新鮮な感じです。
Ayano:音の弱い部分も強い部分もちゃんとはっきりと聴こえるんでバッチリですね。ベースだと特にグルーヴを出すためにはニュアンスが大事なので、その音のニュアンスがちゃんと聴こえながら練習できるのはいいですね。生音だとニュアンスとかミュートがあんまり分からないので、やっぱり電気を通した音で練習するのは大事だなって思います。

ーコントロールの効き具合は?

Canaco:ノブのバランスで自分好みに調整できるので、ちょうどいい歪みができる感じがします。ゲインとトーンとボリュームの3つしかないから簡単なんですよ。あとはギター側のコントロールでニュアンスが変えられるので。アンプのことを詳しく知らない人でも簡単に調節できますし、いっぱいコントロールがあると調節のバランスが大変じゃないですか。でもVGHはすごく簡単だけど、自分好みの音が探せるって印象を受けました。
Ayano:すごく分かりやすかったです。さっき試しにゲインをマックスで弾いてみたんですけど、めちゃ掛かってますし、コンプも何の問題もないですね。スラップでも弾くんですけどいい感じです。

音のニュアンスがちゃんと聴こえながら練習できるのはいいですね / Ayano

Ayano

ーAyanoさんはVGH-BASSを使って真っ先に「音がクリアになった」と仰っていましたが、以前の機種とはどんな違いを感じましたか?
Ayano:音の輪郭がはっきり聴こえるようになったなっていうのと、どうしてもベースの音って潰れがちで、隣のフレットの音(半音)との違いが分かりづらかったりするんですよ。それが分かりやすくなりましたね。

ーAyanoさんは5弦ベースをメインで使用していますが、ローB弦の聴こえ方はいかがですか?

Ayano:どのポジションも全然問題なく聴こえます。すごく音が良い。グリスのニュアンスもちゃんと出ますね。

ーヘッドホンの装着感とかはいかがですか?
Canaco:軽いのと、あんまり耳にギュってならないし、かといってブカブカ過ぎることもないのでちょうど良いし、イヤーパッドの角度がフィットするように作られているのかなって思います。フラットにもなるのでバッグとかにも入れやすいし。

VOX VGH-BASS

Ayano:私のような女子でも小さいサイズに調整できるのでいい感じです。前のモデルも電池持ちがいいイメージがあって、電池を気にしないで使える感じがありました。それに可愛いですよね。今回のベース用は青で新鮮ですね。

ー外部音源を再生しながらのジャム・セッションでの使い心地は?
Ayano:音源とのバランスはちょうどいいですね。スマホのボリュームをめちゃくちゃ上げないといけないかといったらそうでもないですし、音源を小さくしてもちゃんと聴こえるんで、スマホのバッテリーを消費しなくても大丈夫だったり(笑)。ヘッドホンとしての音も良くて、ちょっとしたレコーディングだったらコレ一つで足りると思います。前のモデルも良かったですけど、これもすごく良くなってるなって実感があります。めちゃくちゃクリアで聴き取りやすい。ベース買ったら、必ずコレもセットで買った方がいいと思います(笑)。

(※本記事は月刊Player 2021年2月号からの転載です。)

fleufleu Official Web Site https://fleu2.net
VOX VGH Series製品ページ https://voxamps.com/ja/series/vgh-ja/

製品のお問い合わせ先:株式会社コルグお客様相談窓口
TEL:0570-666-569
http://www.voxamps.com

タイトルとURLをコピーしました